サプリメントで有名なBCAA、どんな効果があるのかチェック

サプリメントで有名なBCAAはどんな効果ある?

筋肉をつけたいと日頃から運動に励んでいる人は多いです。

 

その中でも、日頃の運労の効果を更に高めるために、サプリメントを一緒に摂取している人もいるのではないでしょうか。

 

サプリメントは沢山の種類があるので、今から運動のお伴にしようとしている人でも、どのサプリメントを購入しようか迷ってしまいますよね。

 

今回は、運動効果を高めるサプリメントの中でも「BCAA」について注目します。

 

BCAAとは

BCAAはよく聞くけど、具体的にどんな効果があるのかわからないという人も多いと思います。

 

まずは、BCAAについて確認しましょう。BCAAとは、分岐鎖アミノ酸の英語表示の頭文字をとった略称です。

 

分岐鎖アミノ酸の種類としては、「ロイシン」、「バリン」、「イソロイシン」の3種類があります。

 

沢山種類があってわかりにくい・・という人は、簡単にいうと「BCAA=アミノ酸」と覚えましょう。

 

アミノ酸は、タンパク質をつくるものなので、BCAAを摂取することがアミノ酸を摂取することになります。

 

BCAAの具体的な効果

では、具体的なBCAAの効果についてみていきましょう。

 

BCAAには、次のような4つの効果があります。

  • モチベーションを高めてくれる効果
  • 筋肉の分解を抑えてくれる効果
  • 筋肉を作るサポートをする
  • 乳酸を作ることを抑制してくれる効果

 

1つ目は、「モチベーションを高めてくれる効果」です。

 

BCAAに含まれる要素が、体の中の神経伝達物質をサポートしてくれるので、脳みそに栄養素が届きます。

 

脳みそに栄養素が行き届くことで、集中力アップに繋げることができるようです。

 

2つ目の効果は、「筋肉の分解を抑えてくれる効果」です。

 

筋肉の分解といわれると、あまりイメージがつきにくいですね。言い方を変えると、筋肉自体が分解をされ、エネルギーとして消費されてしまうんです。

 

普段行っている運動では、体の中にあるエネルギーを消費します。

 

運動をすればお腹のお肉が減る!といわれるように、脂肪分などがエネルギーとして消費される分には嬉しいのですが、中には筋肉のタンパク質も分解され、消費されてしまうことがあります。

 

せっかく運動したのに筋肉が分解されたら元も子もないですよね。そこで、BCAAを摂取することで、BCAAが分解され、分解される筋タンパク質の量を減らすことに繋がります。

 

3つ目の効果は、「筋肉を作るサポートをする」ことです。

 

先程紹介した分解鎖アミノ酸の3種のうちの一つ、「ロイシン」が肝臓から出されるインスリンの分泌を手助けしてくれます。

 

これが、筋タンパク質をつくるサポートをしてくれるのです。そして、最後の効果は「乳酸を作ることを抑制してくれる効果」です。

 

先程の筋タンパク質の分解を抑える効果のように、体の中の糖を利用することを抑えてくれる効果があります。このことが、体の中で作られる乳酸を減らすことに繋がります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

サプリメントに含まれる要素の名称だけでも、HMBやBCAAなど、英語ばかりでよくわからない・・という人もいるかもしれません。

 

しかし、体作りは1日ではできないので、分からないことも一度調べてみて、より効果的に理想的な体を手に入れることができるように日々効果なども確認するように心がけましょう!

関連ページ

HMBとクレアチン、相性が良いって本当?
HMBとクレアチン、相性が良いって本当なのか調べてみました。
自重トレーニングを効果的に行う4つの方法
自重トレーニングを効果的に行うは?
細マッチョになる為のプロテイン活用法
細マッチョになる為のプロテイン活用法を取り上げます。
体脂肪率を効率よく減らすには?
体脂肪率を効率よく減らす方法を取り上げます。